ベジママで多嚢胞性卵巣症候群を治すことができるって本当?

 

ベジママは多嚢胞性卵巣症候群に効果があると言われているピニトールが配合されています。
多嚢胞性卵巣症候群とピニトールの効果について紹介していきます。

 

多嚢胞性卵巣症候群の治療にピニトールが有効

 

海外では多嚢胞性卵巣症候群の治療にピニトールが使用されることが多いそうです。
ピニトールを摂取することで排卵率が上がったという報告もたくさんあります。

 

ピニトールは薬ではなく天然成分なので、副作用なく安心して利用できるのも魅力ですよね。

 

日本では今のところピニトールを多嚢胞性卵巣症候群の治療に使用することは少ないのですが、
ベジママにはピニトールがたくさん含まれています。

 

葉酸を摂りながらピニトールの効果にも期待することができるのです。

 

ピニトールを摂取することで体は良いバランスを保てるようになります。
ピニトールは多嚢胞性卵巣症候群になると欠乏するカイロイノシトールを生成するので
かなり効果が期待できそうですよね。

 

しかもピニトールには多嚢胞性卵巣症候群以外の排卵障害を改善する効果もあるんです。
排卵障害は不妊の大きな原因の一つとされています。

 

だから多嚢胞性卵巣症候群と診断されていなくてもベジママを試してみる価値はありますよ。

 

妊活を頑張ってもなかなか授かることができないというう人や
多嚢胞性卵巣症候群だと診断された人には特に試してみてほしいサプリです。

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)ってなに?

多嚢胞性卵巣症候群になると、卵巣に小さな嚢胞ができます。
血中の男性ホルモンが多くなるので排卵しにくい体になってしまいます。

 

排卵しにくいということは妊娠しにくいということですよね。
多嚢胞性卵巣症候群は不妊の原因の一つなのです。

 

多嚢胞性卵巣症候群と聞くと難しい病気のような気がしますが
実は女性の10人に1人は多嚢胞性卵巣症候群であると言われているのです。

 

多嚢胞性卵巣症候群になると排卵しにくくなるだけでなく、
男性ホルモンが多くなることから、髭や体毛が濃くなってしまったり
体のバランスが崩れてしまったり、太りやすくなったりすることもあります。

 

原因は不明ですが、男性ホルモンがもともと多めの女性に多くでる症状のようですね。
もちろん、症状が軽ければ自然妊娠も可能ですし、治療によって妊娠力を高めることもできます。
内服薬や注射で排卵を促す治療をしていきます。