葉酸にダウン症予防の効果はあるの?

葉酸にダウン症予防の効果はあるのか

30代後半、40代で妊活をしていると妊娠確率と同じくらい
ダウン症の確率も気になりませんか?

 

ダウン症の赤ちゃんが産まれてくる確率は

 

35歳…1/400
40歳…1/106
45歳…1/30

 

と、年齢が高くなればなるほど、ダウン症の子が産まれてくる可能性が高くなります。
特に40代になると一気に高くなるのが分かりますよね。

 

ダウン症について色々調べていたら葉酸がダウン症の予防になってくれる…という噂を目にしませんでしたか?

 

ウソのような話ではありますが、これは事実です。

 

葉酸には細胞分裂を促進させる働きがあるので、神経管閉鎖障害などのリスクを予防してくれます。
その働きは精子や卵子などの染色体の分裂にも適応されるのです。

 

症例は少ないので、大きく発表されていませんが
厚生労働省と名古屋市立大学大学院医学研究科が一緒にやった
分担研究によると「自然流産やダウン症」にも効果があることが確認されています。

 

100%効果があるものなんてありませんが、
葉酸サプリを飲んでおくことで多少はダウン症予防への期待はできそうですね。

 

ダウン症予防で葉酸サプリを飲むなら妊娠前から

葉酸サプリでダウン症予防

「少しでもダウン症の確率が減るなら葉酸サプリを飲んでおこう」

 

と思ったのであれば、妊娠してからではなく、妊娠前から飲むようにしてください。
というのも、健全な子が産まれるか、ダウン症の子が産まれるかは着床のときに決まります。

 

ママとパパのどちらかの染色体異常がダウン症の原因です。
そのため、早い段階から予防しておく必要があります。

 

ただでさえ、30代後半〜40代になると妊娠する確率が減ります。

 

せっかく妊娠できたのに検査をしたらダウン症だと告げられた…。
という、悲しいことになりたくありませんよね?

 

ダウン症だと告げられた10人のうち7人は中絶しています。

 

しかし、今まで妊活を頑張って授かった子を自分の意思で殺すのは嫌ですよね。。

 

あなたがそれでも産みたいと思っても、旦那さんの方がそれを拒絶しる可能性もあります。
それで意見が合わなくて離婚するケースも少なくありません。

 

そうならないためにもダウン症予防として葉酸サプリの飲むなら、妊娠前から飲んでください。

 

どんな葉酸サプリを飲んだらいいの?

葉酸サプリの中には「合成葉酸」と「天然葉酸」がありますが、
神経管閉鎖障害やダウン症のリスクを下げるためには「合成葉酸」を含むサプリを選んでください。

 

有名な葉酸サプリだとベルタ葉酸サプリとかがありますね。

 

ただ、30代後半〜40代で今も妊活中なのであればベジママがおすすめです。

 

ベジママは葉酸サプリの一つではありますが、
妊活向けの成分が含まれているので妊活サプリなんて呼ばれ方もしています。

 

普通の葉酸サプリとの違いは妊娠中に必要な「鉄・カルシウム」は入っていません。

 

しかし、アメリカで初期の不妊治療に使われるピニトールや
卵子の質に影響してくるビタミンE、ルイボスなどが含まれています。

 

  • 高温期が短いので長くして、理想的な形にしたい
  • 生理不順で排卵日を特定することができない
  • 病院で卵子の質があまり良くないと言われた
  • 半年〜1年以上、妊活しているがまだ授かれていない
  • ダウン症を発症しないか心配

 

という場合は、普通の葉酸サプリでなく、葉酸を含む妊活サプリであるベジママがおすすめです。
ベジママについて、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

ベジママの効果は?半年以上妊娠できない30代女性必見!!