妊活中に葉酸を取ることで期待できる効果は?


葉酸は妊娠1ヶ月前〜妊娠3ヶ月の間、摂取が推奨されている栄養素ですが、
実は妊活中にも大きな効果を発揮してくれるんです。

 

妊活中に葉酸を摂ることで期待出来る効果を紹介していきます。

 

染色体異常のリスクを減らして妊娠力アップ

葉酸は染色体異常のリスクを減らす効果があります。

 

葉酸は細胞が生成するときに使われる栄養素で、
細胞分裂を正常に行うためには葉酸が必要になります。

 

染色体異常は卵子や精子の段階で起こることが多く
卵子や精子が染色体異常だと上手に着床することができません。

 

染色体異常と聞くと赤ちゃんの先天性疾患をイメージする人が多いかもしれませんが
染色体異常は不妊の原因の一つとしてもなりえるのです。

 

葉酸を夫婦で摂っておくことは卵子や精子、受精卵の染色体異常のリスクを減らすことができるので、
着床障害や初期流産を防ぎ、妊娠力を高めてくれる効果が期待できるのです。

 

葉酸にダウン症予防の効果はあるの?

 

子宮内の環境を妊娠しやすい環境にしてくれる

葉酸には造血作用があります。血液をしっかり作り出すことができると
子宮内の環境を妊娠しやすい環境に整えることができます。

 

子宮内膜の壁が厚くなってふかふかな状態になるので受精卵が着床しやすくなります。

 

せっかく受精しても着床できずに妊娠できないということは
結構多いんですよ。葉酸の力で子宮内膜を厚くして着床力をアップさせましょう。

 

胎児の先天異常のリスクを減らす

葉酸を妊活中に摂っておくことは、赤ちゃんを授かった時に
先天異常のリスクを減らすことにつながります。

 

妊娠初期の葉酸摂取は胎児の神経管閉鎖障害の
リスクを減らすことができると言われています。

 

胎児の大事な神経管が作られるときに葉酸が不足していると
正常な発達ができない可能性があるからです。

 

いつ妊娠するかは誰にも分かりませんよね。
妊活中はいつ妊娠しても、葉酸がしっかり必要量取れている状態にするために
赤ちゃんを迎える準備として葉酸を摂取しておくのが理想です。

 

葉酸が妊活に与える効果はたくさん!


葉酸が妊活中にもたらしてくれる効果はたくさんあります。
妊娠中だけでなく妊活成分としても摂取するだけのメリットはありますよ。

 

葉酸を毎日食生活で摂取するのは結構大変な事です。

 

妊活成分と一緒に葉酸が摂取できるサプリメントもたくさん販売されていますから
積極的に妊活したいと思っている人は、是非利用してみてくださいね。

 

半年以上妊娠できない30代女性に人気の妊活サプリ「ベジママ」